ビジネス経済情報~会社員が社会で成功する為のヒント

現代のはたらく会社員に向けた社会に役立つエッセンスをお届けします

フリーランスエンジニアのイメージや掛け持ちや経費について

自由なITフリーランスの働き方を実現する【エンジニアスタイル東京】

(↑↑フリーランスエンジニアに興味がある人は上記を今すぐクリック)

☆10万件を超える国内トップレベルの案件掲載数!☆

 

こんにちは!

本日はフリーランスエンジニアの働き方の「イメージ」についてと、「仕事の掛け持ちの仕方」、「経費」についてをお伝えします!(^^)!

f:id:hm14kkk:20211107232450j:plain

<本日の目次です>

 

フリーランスのイメージについて

フリーランスシステムエンジニアになる前(会社員のエンジニアの時)、みなさんはフリーランスについてどのようなイメージをお持ちでしょうか?

おそらく、「安定しているのか不安」という思いを抱く人が多いと思います☆

私の経験から言って、確かに、フリーランスの場合、仕事の契約が1か月更新や3か月更新の為、正社員からしたら不安定です。

ただ、それ以上のメリットがあります。

メリット1 高収入

まずは正社員よりも手持ちのお金が2倍、3倍と膨れ上がります。確定申告する面倒が増えますが、インターネットで検索して勉強したら誰でもできます。(経費については後述します)

1年で500万円、2年で1000万円稼ぐことも夢ではないので、正社員でエンジニアをしている人はフリーランスという選択肢をまず考えても良いと思います。

 

メリット2 技術の幅が広がる

正社員のシステムエンジニアは、どちらかというと案件の「管理」や「調整」する立場になることが多く、純粋に技術を磨く経験が年々減っていく傾向にあります。しかし、フリーランスになると、いい意味たくさんの職場を経験することになり、そこで新しい知識をどんどん吸収することになります。つまり、一緒に働く人から技術を盗める機会が増えるのです。出来ることが増えたら、単価が増え「ステップアップに繋がる」という好循環が生まれます。

f:id:hm14kkk:20211107232504j:plain

仕事の掛け持ちについて

フリーランスになると、確定申告を自分ですることになるので、仕事の掛け持ちが可能です。私のおすすめする副業はずばり「ウーバーイーツ」です(笑)

理由はとっても気楽だからです。気分転換の良い運動にもなるし、好きな時に始めれて、飽きたらやめれるので、休日の気分転換に是非試してみてください(*^-^*)

 

フリーランスの経費について

フリーランスの経費については、「パソコン」や「机」や「椅子」、「教材」などが思い浮かびますが、「案分」という考えがあることを知っておきましょう。

どういうことかというと、在宅で仕事をすることが多い人は、仕事で電気を使っていますよね。また、家賃面からみても、「家に滞在している時間の20%は仕事している」と考えた場合、電気代や家賃の20%を経費として上乗せすることが可能です。

自分が仕事をすることによって出たお金をキチンと計算して、しっかり確定申告しましょう!(*^-^*)

 

フリーランスエンジニアのエージェント紹介

今回紹介するサイトは「エンジニアスタイル東京」です(*^-^*)

10万件を越える案件があり、案件の検索方法もとってもしやすい、おススメのサイトとなります♪♪関東近辺にお住まいの人は是非登録してみてはいかがでしょうか♪♪♪

 

今回はこの辺で☆

ではまた(^o^)/